CIMへの第1歩・・・・・設計の「見せる化」を支援します

近年、BIMに続き土木業界でも「CIM」の導入が進められています。しかしながら、現実的には

「いったい何からやればいいのか?」・・・・・「CIMって何?」等々戸惑いの声も聞かれます。・・・・

また、導入ソフトの不統一、導入経費、技術量の不足等・・・・・の大きな課題も残っています。

このため、当社では「CIMの第一歩」として設計の「見せる化」を支援し、徐々にCIMへの理解をお手伝いしています。

ダウンロード
CIMの現状と課題について・・・・ecocrat作成 わかりやすく整理してみました。一度ご覧ください
H27.4_CIMの現状と課題_ecocrat_配布用.pdf
PDFファイル 8.7 MB

CIMへの第1歩・・・・・3DPDFの活用(ipadで閲覧可能)

PDFサンプル
PDFサンプル

おかしいとは思いませんか???

土木設計者の仕事は、土木構造物を作ることであり、図面を作ることではないです。

このため、当社では効果的な3DPDFをご提案します。

設計者の思想がクライアントに正確、そしてスムーズに伝達出来るコミュケーションツールとなります。

計画されている構造物をモデリングした後、Acobatに変換し、誰でも簡単に閲覧できるようにしたPDFです。

      詳しくは、事例をご覧ください。

                 

メリット:ほとんどのマシーンにインストールされているAdobeのAcobat Readerで閲覧・操作できます。

     データが軽く、事前にクライアントに送付しイメージが正確に伝達できます。

     自分で任意のアングルでプリントできるのでパースは不必要。経費削減が可能。

     ipadで閲覧・操作できます。

CIMへの第1歩・・・・・4DPDFの活用

4DPDFとは?

3DPDFに「時間軸」を付加したPDFを「4DPDF」と言います。時間軸を付加することで「施工ステップ」の説明に大きく寄与します。

つまり、今までは施工ステップ図として平面図を何枚も作成し、説明にたくさんの時間を費やしていたのが、「4DPDF」を作成することにより短時間で、説明がすみ、また、住民の人たちにも説明用や関係部局等の調整として利用できます。

 

       詳しくは、事例をご覧ください。


CIMへの第1歩・・・・・AR(拡張現実)の活用

使用例 家の前にガンダムが
使用例 家の前にガンダムが

ARとは?Augmented Realityの略で拡張現実のことです。

簡単にいえば、計画されている構造物に座標を与えることにより、現地にてIpadやIphone等のカメラでモデリングした構造物が映し出されてという感じです。

IpadでのARには、次の2つがあります。

●マーカーレス型

●マーカー型


活用できる構造物としては、

○計画橋梁、高架橋、公園、樋管等があります。

 



        詳しくは、こちらをご覧ください。

 

CIMへの第1歩・・・・・3Dプリンターによる3D模型

3D模型サンプル
3D模型サンプル

土木業界初3Dプリンターによる3D模型を製作します。3DPDFは、パソコン上だけの世界ですが3D模型は、実際に手に取って見ることができるので、インパクト抜群です。

フルカラーでは石膏タイプが適しています。

現在(H27.4)では、1回で50cm×30cm×25cmの造形が可能です。

●周辺住民の説明会や各種検討会では効果抜群です。

●ほとんどの作品は、わずか1日で造形ができます。

●営業資料にも活用可能です

当社の記事が、地方新聞等に掲載され話題になりました。 

 

CIMへの第1歩・・・・・3Dモデリングからのパース

当社で作成しているパースは大きく2ケースあります。

①3Dモデリング~パース

・手書きと違い計画構造物のモデリングを行うことで、精度の高いパースが作成できます。

・また、表現方法はリアルスティック、線画等変化のあるパースが作成できます。

・さらに、降雨、降雪、夕日等季節感、時間感の表現が可能でで、非常にクオリティの高いパースです

 

    詳しくは、事例をご覧ください。

②3Dモデリング~写真合成パース

・計画構造物を、精度良くモデリングし現況の写真に合成し、色彩や大きさを忠実に再現します。

・手書きと違い計画構造物のモデリングを行うことで、精度の高いパースが作成できます。

・モデリングすることから精度の高いパースになります。

 

 

   

    詳しくは、事例をご覧ください。

CIMへの第1歩・・・・・アニメーション

●動きのある映像でプレゼン用には効果抜群です。

●発注者への説明がスムーズにいきます。

●施工業者への伝達がスムーズになります。

●周辺住民用の、施工アニメも有効です。

 


    詳しくは、事例をご覧ください。


CIMへの第1歩・・・・・土砂災害シュミレーションビデオ

近年の公共事業のKeyワードの一つである「防災」に関して土砂災害の対策(砂防堰堤)工の簡単なアニメーションを作成してみました。アニメーションとしては足したことはないですが、経費を抑え効果をあげることを基本としました。特に、土砂災害時の降雨は臨場感たっぷりです。

 

GISデータからIllustratorによる各種マップの作成

Illustratorによる洪水ハザードマップやパンフレット、Photoshopによる写真合成を制作します。特に、自然関係の部品を多数保有していますので、「見せる化」には最適です。詳しくはIllustratorをご覧ください。

また、shpファイルからIllustratorに変換し、品質の高い図面が作成可能です。

これからは、文字からArtですね。

その他、長寿命化調査などの現地調査も行っています

お問い合わせください

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

3Dプリンター出力見積もりのデータ送付先 です。

ecocrat@yu.incl.ne.jp